当社は、3次元CADによる開発設計とコンピューターによる特殊解析(シミュレーション)を用いた設計評価を行っています。

ハイレベルな独自の技術を活かし、常にトップクラスの性能と品質を求められる自動車業界において、各種計器類・機能性部品などの製品開発設計を手掛けています。
当社が開発設計を担当するのは、国内カーメーカーだけに限らず、米国、欧州のカーメーカーにも及びます。

1.3次元CADによる開発設計

当社では、2D/3D CADを使用した製品・部品設計業務が主業務となります。
設計力の向上と、3D CADの技術向上に力を入れています。

3次元CAD

CAD

「CATIA」「Solidworks」による設計

設計は主に、ハイエンドCADである「CATIA V5」やミッドレンジCADの「Solidworks」を使用して行います。全社員3次元CADユーザーを掲げ、社内でCAD教育を実施し、設計力とCAD技術向上に力を入れています。

3Dモデルの有効活用

3Dモデル活用

3DモデルのDR等への活用

設計の早期段階から3Dモデルの有効活用を積極的に進める為、デジタル環境を整え、DR(デザインレビュー)等にも3Dモデルを活用しています。又、3Dモデルの解析を行い、設計品質の作り込みを行います。

設計効率化

Knouledge機能を利用した自動設計

Knowledge機能を利用した自動設計

CATIAのナレッジ機能を利用した、パラメータ入力による設計簡略化や、汎用モデルによる設計効率化、マクロによる自動作成等を取り入れたCAD設計を行っています。

2.シミュレーションテクノロジー

設計品質向上、問題点の早期発見・解決の為、3Dモデルを応用し、各部品の嵌合部や、内部メカの発熱、照明等の解析業務を行っています。

強度解析

強度解析

部品の応力や変形の解析を行い、必要強度を確保した設計をしています。

照明解析

照明解析

【解析ソフト:LightTools】
使用例:指針照明の均一化
発光が均一となる形状を導き出す為、照明解析を使用し、反射面形状を設計し、光線経路から明るさを算出します。

光学解析

光学解析

【解析ソフト:Code V】
部品の照明機能の確立の為、光学シミュレーションによる、部品の最適な照明構造の設計を行っています。

 

熱解析

熱解析

熱シミュレーションにより設計段階での、部品内部の放熱予測と熱対策を検証します。

NEXT:採用情報