事業のご案内 私たちは、人とクルマをつなぐ仕事をしています。

自動車に乗ると室内を照らすランプ、スピードや車両の情報を伝える計器。
これらは人とクルマを繋ぐインターフェースです。
当社はそんな人とクルマを繋ぐ部品の開発設計を手掛けています。
自動車業界では開発スピードと高い設計品質が求められています。
3D CAD設計、3Dによる構造・照明・熱の各種解析を行い、高品質な製品開発に対応しています。
車と事業内容

1.自動車用計器

クルマに乗って、まず最初に目にする場所、それがスピードメーターではないでしょうか?
メーターのデザインの満足度は、クルマの満足度に比例する、それほど重要な位置を占めていると言っても過言ではありません。
しかし、車載計器に求められているのは、デザイン性の良さだけではありません。
視認性の高さ、車内の過酷な環境での耐久性など、高品質な製品づくりのため、様々なシミュレーションを行っています。

メーター・ヘッドアップディスプレイ

・CGデザイン、意匠作成
・グラフィックメーター映像設計
・3次元CADによる設計
・CADデータを元とした各種解析(照明、構造、強度)

メーター
ディスプレイ

2.自動車内部機器

ジャンクションブロック
リレーボックス

ジャンクションブロック(J/B)やリレーボックス(R/B)とは、車の内部の様々な電装部品の制御回路等を収納する、自動車の電気電子システムの心臓部。J/Bの方は分岐、R/Bはリレーの取り付け用です。 耐熱・耐高圧洗浄を考慮し、限られた空間に高品質・高性能を集約します。
またコネクタはワイヤーハーネス(自動車の神経・血管)をつなぐための接続器です。自動車の電気接続を保ちつつも、容易に着脱でき、確実に接続できる設計を行っております。

ジャンクションブロック

3.自動車内装機器

ルームランプ

自動車のルームランプといった内装部品の設計も手がけています。
ランプは夜間照明の要。配光照射解析技術を活用し、発光した光がどのような角度にどのように届くか、光学シミュレーションを行い、室内環境の快適さや安全性を高めています。

スイッチ

4.技術資料英訳/和訳

マニュアルなど技術資料の英訳/和訳も行っております。

翻訳

NEXT:技術情報